【徹底解説】スケートボードのウィールの種類と選び方

スケボーのウィールはたくさん種類があるけど、「何が違うの?どうやって選んだらいいの?」という方向けに、ウィールの選び方を分かりやすく徹底的に解説していきます。

ウィールの直径を選ぶ

スケートボードのウィールの直径はミリメートル(mm)で表示されています。数字が小さいほど小さくなります。一般的なウィールの直径は50〜75mmです。

ウィールが小さくなるとスピードが遅くなり、大きくなると速くなります。ウィールの直径は、どれくらい速く加速したいか?安定したターンがしたいか?で決めると良いでしょう。

テクニカルなトリックをしたい場合は、小さなウィールがベストです。クルーザーやロングボードでは、より大きなウィールがスピードと安定性を与えます。さらに、自分の身長・体重が適切なサイズに影響します。

50-53mm
 小さくて、スピードが遅い。テクニカルなライディングや、ストリート、スケートパークに向いています。また、身長の低い方や体重の軽い方、子供用にはこのサイズがベストです。
54-59mm
 初心者がまず初めに使用すると良い平均的サイズです。ストリート、スケートパーク、ボウルやランプでのスケートに適しています。また、身長の高い方や体重が重い方はこのサイズが良いでしょう。
60mm +
 クルーザーや、ロングボード、ダウンヒルをスケートするのに適しています。高スピードで、粗い路面に対応可能です。

ウィールの硬さを選ぶ

スケートボードのウィールの硬さは、デュロメーターで硬度を表示しています。ほとんどのメーカーは、ウィールの硬度をデュロメータAスケールで表示しています。数値が高いほど、ウィールが硬くなります。平均的な硬さは99aです。一部のメーカーは、Bスケールを使用している事があります。BスケールはAスケールよりも、20ポイント低く表示されています。例えば、80bは、100aと同じ硬さです。

一般に、硬いウィールは速く、柔らかいと遅くなりますが、グリップが効きやすくなります。柔らかいウィールはストリートスケートに適しています。硬いウィールは、スケートパークなどの滑らかな路面に適しています。

78a~87a
 柔らかいウィールは、路面の亀裂や小石を簡単に越えることが出来て、強いグリップ力が有ります。粗い路面やクルーザー、ロングボードやストリートに適しています。スムーズな乗り心地を体感することが出来ます。

85a~95a
 比較的強いグリップ力が有ります。ストリートや荒れた路面に適しています。

96a~99a
 スピードとグリップを両立しています。初心者やストリート、パーク、ランプ、プール、その他の比較的滑らかな路面に最適です。

101a+
 グリップ力が非常に少なく、最も扱いが難しい、スピードの速いウィールです。荒い路面には向きません。これらはテクニカルなスケートに最適です。

 

ウィールの接地面について

ウィールの接地面は、スケートボードのウィール性能の重要な部分です。接地面は、実際に路面と接触するウィールの領域です。
ロングボード等で大きいウィールを使用する場合は、接地面も大きくなります。

なぜ接地面が重要か?というと、大きな接地面の場合、体重がより広く分散されます。
これにより、ウィールの抵抗が増す事で減速しやすくなります。

ウィールの形状は接地面にも影響します。丸いウィールは路面との接触が少なく、四角いウィールは路面と広く接触します。
カーブボックスで、スライドトリック等を行う場合も同様、四角いウィールほどボックスとの接触面が増え減速しやすくなります。

いかがでしたでしょうか?サイズや硬さ、ウィールの形にもこだわって自分に最適なウィールを探してみてください。
SPITFIREのウィールは豊富な種類とサイズで最も支持されているウィールブランドです。
※アイテム詳細ページへ↓↓↓